シェパニーズ

 

絶対行きたいレストラン🎶

 

ずっとずっと行きたいけど、まだいけていないアメリカカリフォルニア州にある
世界一予約の取れないレストラン「シェパニーズ」💓

 

オーナーシェフのアリス・ウォーターの著書「 美味しい革命」を読みました♬
ますます、シェパニーズへの想いが募りました( *´艸`)

 

1971年8月28日 当時アリス27歳の時にOPENしたシェパニーズ


2006年アメリカで1番名高い、
グルメ達の愛読誌『グルメ』が5年に一度発表する全国レストランランキングで、
ナンバー1になり
クリントン大統領やハリウッドスターや監督もお忍びで訪れる
本物を追求し続けているレストラン。
アリスが自分の運命に翻弄されながらも志をもって守り続けてきたシェパニーズ

 

アリス・ウォータースは多くのアメリカ人の食習慣を変え、食べ物に対する考え方を変えてきた。
オーガニック農法で育てた一番新鮮な旬の食材を地元で調達するべきだ、という彼女の考え方は、
今やアメリカの一流レストランと多くの家庭料理人たちの鉄則となっている。

 

遺伝子組み換えコーンから高果糖コーンシロップの生産は、砂糖生産よりずっと安価に出来るようになった。
このシロップは菓子類だけでなく、
驚くべき広範囲の食品に添加されるようになった。消費者は糖分を取っているとは知らずに、
これが入っている食品を好むようになり、それが病みつきになった。

1970年代にアメリカで効率という価値観が重視されてファーストフードのチェーン店が
次々に誕生した。
すごく安くハンバーガーやフライドチキン、ピザが食べられるようになった。
このようなお店では、使う砂糖と脂の量は家庭の2倍以上だった。
レストランも追随し、ファーストフード会社も安価で一人前のサイズを増やすことができた。
アメリカ人はものすごい勢いで肥満になった。
アリスは言う「食べるという事は“ファースト”(速く)あるべきではない、そして安価であるべきではない」

 

 

食が私たちに与える影響をしり、食を提供していかなくてはいけないと

つくづく感じました。

 

 

いろんな刺激を受けたこの本の要約をブログに掲載しました♬

美味しい革命🎶

 

*゚。*。゚* チーズケーキ専門店seedのこだわりをギュッとつめこんだ特別セット! *゚。*。゚* チーズケーキ専門店seedのこだわりチーズケーキ&スイーツ【送料無料】お試しセット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。